プロフィール

 deer-fuku (オス)

Author: deer-fuku (オス)
こんにちは~
和んでいってね~(笑)

~写真の無断転載は禁じます~

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング
ただ今、FC2ブログランキングに参加中です。 よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします m(__)m

ブログ内検索
RSSフィード
アクセス感謝!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
暑中見舞い
お暑うございます。  暑中お見舞い申し上げます。
奈良の暑さは半端やないよ・・・・・盆地なもんで。(苦笑)




めっちゃ暑い所やけども、この夏・奈良旅行はどうですか?(笑)   

スポンサーサイト
鹿くんたち | 2006/07/29(土) 15:11 | Trackback:(0) | Comments:(5)
共に重要文化財
二月堂から見た四月堂   ややこしいですか?(笑)
遠くに興福寺の五重塔が見えてますが・・・・・分かります?(笑)




この夏、奈良旅行はどうですか?(笑) よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。


東大寺・境内 | 2006/07/29(土) 15:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)
鬼瓦
暑さは気合で吹き飛ばせ~!!  喝~!?




この夏、奈良旅行はどうですか?(笑) よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。



未分類 | 2006/07/29(土) 15:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
うましうるわし奈良
ベタな構図ですいません。 でもほんと大きいでしょ?! (苦笑)




この夏、奈良旅行はどうですか?(笑) よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。


東大寺 | 2006/07/22(土) 17:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)
土塀と石畳
東大寺にお越しの際は、こちらの方にもぜひ足を運んでみて下さい。 場所は二月堂の直ぐ傍です。




いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

東大寺・二月堂 | 2006/07/17(月) 03:11 | Trackback:(0) | Comments:(2)
土塀と石畳 2
日中は観光客の方々で賑わいますが、夕暮れ時はご覧のような光景に・・・




いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

東大寺・二月堂 | 2006/07/17(月) 03:09 | Trackback:(0) | Comments:(2)
土塀と石畳 3
のんびりと散策なんていかがですか?




いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

東大寺・二月堂 | 2006/07/17(月) 03:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
北側からの眺め
東大寺講堂跡 (大仏殿北側にあります) から見た大仏殿の眺め



いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

東大寺・境内 | 2006/07/08(土) 03:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
東大寺・講堂跡
大きな礎石が点々と残っています。
(ここ、暖かい日には、よく遠足で来たちびっ子達がお弁当を広げて食べております。/笑)



よろしければ下記のアイコンをポチッと一押しお願いします。

東大寺・境内 | 2006/07/08(土) 03:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
礎石
当時はかなり大きな建物が立っていたんでしょうね~。



いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

東大寺・境内 | 2006/07/08(土) 03:24 | Trackback:(0) | Comments:(2)
衝撃画像!!…?
冬場は食べ物が少ないですからねぇ~・・・
突然立ち上がったもんで、慌ててシャッターを切りました。(笑)



衝撃を受けられた方!(笑)、よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

鹿くんたち | 2006/07/08(土) 03:00 | Trackback:(0) | Comments:(2)
長谷寺
桜井市初瀬にある「長谷寺」、毎年初詣ではここのお寺を訪れます。
ここは全国各地にある長谷寺の総本山です。 (「長谷観音」で有名な鎌倉の長谷寺も)

全国的にも「花のお寺」としても有名ですね。
境内はざっとこんな感じです → こちら (長谷寺HPより)

燈篭に書かれている揮毫は、書家の榊莫山先生によるものです。




いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

長谷寺 | 2006/07/02(日) 16:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)
お正月の長谷寺
仁王門から本堂へはこのような登廊が続きます。 その数ざっと399段!
毎年お正月では、このような幻想的な雰囲気で我々参拝者を出迎えてくれます。



いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

長谷寺 | 2006/07/02(日) 16:20 | Trackback:(0) | Comments:(1)
長谷寺・本堂
本堂には巨大な十一面観音菩薩(室町時代)がおられます。
ご本尊様は撮影は禁止ですので、建物の外から堂内だけを撮影。



いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

長谷寺 | 2006/07/02(日) 16:15 | Trackback:(0) | Comments:(2)
本堂へと続く登廊
優しい蝋燭の灯は、山の麓から本道にまで続きます。




いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。


長谷寺 | 2006/07/02(日) 16:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
いい感じ
こちらの揮毫も榊莫山先生によるものです。




いつもご覧頂き有難う御座います!! よろしければ下記のアイコンを一押しお願いします。

長谷寺 | 2006/07/02(日) 16:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。